そして雨になる

ネット上でだけよく吠える、コミュ障のブログ。

仕事

忙しい時に辞めるのは「無責任」なのか?

今日も、とても理不尽と思えるトンデモ情報を聞いてきた。せっかくなので、それについて思うところを書いてみる。 その発言は、辞意を表明したある50代社員へ、社長が放った以下の言葉である。 「この忙しい時期に辞めるなんて言い出すとは、お前は無責任だ…

「あなたに出来て私に出来ない」のは当たり前

いつもの公開叱責を聞かされながら、気になったことがあった。マジおこ状態の社長がこんなことを言っていた。 「俺に出来てんのに、何でお前ら出来ねえんかなあ?」 少し離れたところからそれを聞いていた私は、「そんなの当たり前じゃん…」と思わずにはいら…

「何でもやろう」は馬鹿やろう?

私の部署は何屋さんなのか全く分からない。「何でも屋」だろうか。 名目上は「デジタル回路設計」の部署である。だがデジタル回路を使った製品はほとんどなく、実際のところはこの部署のすぐそばに置かれた「アナログ回路設計」の部署と似たような業務内容で…

「割り込み」が多くて困る

ハード屋なら回路設計、ソフト屋ならプログラミングなんかが該当すると思うのだが、こういう類の業務にはある程度集中力を要する。私だったら、こういう仕事の時は邪魔の入らない静かな環境でじっくり考えたいと思う。しかし、それがなかなか出来ない。「割…

つらいもんは、つらいんだ

「劣悪な労働環境」と言った時、それがどんな環境なのかは人によって違うと思うが、私なら以下のような環境を挙げる。 定時が守られない 残業代が出ない 常に怒鳴り声が聞こえる オフィス自体が汚い 上司が部下を管理しない もちろん他にもあるだろうけど、…

社長、あなたは恐ろしい

今の会社は社長との距離がやたらと近い。その距離たるや、同じ部屋の数メートル先。かなり小さい会社と言えるだろう。この社長、とにかく声が大きい。そしてよく喋る。更にはよく怒る。 そんな近距離にいるおかげで、他の社員が直々に叱責を受けているところ…

それっておかしくねぇ?集

常にこの会社では当たり前のように行われているが、ちょっと考えると変なんじゃないかと思うことをずらりと挙げてみる。 裁量労働制なのに就業時間が定まっている(9~18時) 裁量労働制なのに遅刻の概念がある 修業時間の20分前(8時40分)出社を求められる…

あぁ、本社で仕事したくない。

今、私は本社を離れて業務に当たっている。その内容はハードウェアからは全く外れたものであり、ある製品の製造に関わっている。というのも、人手不足なためだ。 人が足りないからと言って別の部署の社員を送るというこの采配はどうなんだろうかという疑問は…

「売り上げの下に給料がある」←謎すぎる

※実際はちゃんと払われている(残業代を除く) どうやら今は売り上げがなくて厳しい状況とのこと。正直そんなことは従業員としてはどうでも良いのだが、これを種にして御上が話していたことの中で、タイトルのような発言が上がった。 「売り上げがなきゃねぇ…

正直なところ…

今月の会社の売上高よりも、抱えている仕事の差し迫った納期よりも、チームのスキルよりも、会社での活躍度よりも、 明日の私の夕飯や、溜め込んである洗濯物の方がずっと心配だ。 自己中心だと思われるかもしれないが、もう、自己中心で良いや。

一言だけ

確かにここは裁量労働制の会社だが、 「20時以降残業するのはお前らの勝手だ、こっちは干渉しない」 こう言って残業代不払いを正当化するというのはトンデモ経営者の部類に入ると思うのは私だけ?

「年功序列」+「成果主義」=???

4月ということで、新卒で入社した私は、2年目→3年目の人間へとなった。 …それがどうした。3月31日と4月1日を跨いだだけではないか。 入社○年目とか、勤続○年なんて、誕生日と比べると全く重要ではない。誕生日に関しては、法律や条例に年齢が関わっているの…

仕事に関わる会話が苦手すぎる

いやホントに。冗談でも何でもなく。 社内外を問わず、基本的に「会話」がなければ仕事は出来ない。社内では上司への報告や相談、会議。社外に出れば顧客との打ち合わせなんかがあり、そこには当然、会話が存在している。動かしようのない事実だ。 だが、私…

やる気のない私から、新入社員の皆さんへ

オエライさんの話はエイプリルフールネタとでも思ってください。 さあ、明日は4月1日である。新年度の始まりだ。大抵の企業は、明日が入社式なのだろう。そんな方々に、私からは冒頭の一言を捧げる。 恐らくだがどこの入社式でも、社長、もしくはある程度の…

目標が邪魔。

今の会社には、呆れるほど目標が多い。 その期の全社の売り上げ目標(月ごと) その期の部署ごとの売り上げ目標(月ごと) 営業部には各人の受注額目標(月ごと) コストダウン目標(前期比??%減額←忘れた) 品質不良ゼロ 納期遅れゼロ 部署ごとに「その期に…

いま、起こっていること

ほとんど使用者の独断で物事が進む。 使用者は受注した時点で赤字の物件を多数持ってくる。 どれもこれも納期が短すぎて品質どころではない。 部署違いの業務をやらされる。 誰が統括責任者なのか分からない仕事がある。 「今から」という指示ばかりが飛ぶ。…

本当に社員「だけ」が悪いのか?

今日の退社は22時15分だった。帰るころには心の奥底まで嫌になっていた。 そんな心持ちのところに、ある先輩社員から、後輩社員(以下T)についてのある話題を持ち込まれた。いつもなら非常に嫌な顔をして適当に聞いて終わったらさっさと帰るところだ。しかし…

「成長」って何なのさ

言葉を聴くのも気持ち悪い。 本日、またしても新卒向け会社説明会に「先輩社員」として参加してきた。なんてこった、また学生さんを騙してしまった。 今回は、参加者の学生さんから受けた質問に対して考えてみる。説明会の中で、とある学生さんからこんな質…

経営者「俺はなあ!休日も出てきてんだよ!」

はぁ、そうですか。 つい最近、こういう言葉を持ち出して社員を叱っているのを見た。まあ恐らくは、別のことで叱っていたが脱線したんだと思う。彼の性格から考えて、まああれは「俺は頑張ってんだアピール」だろう。 頑張りアピールはどうでもいいとして、…

叱責も聞き流したって良いじゃない

スピーチや会議では、話の内容はよく「脱線」する。脱線しているようで実は例え話、というわけでもなく、現在のテーマとはさっぱり関係ない話が展開されたりする。 今の会社の場合、経営者からの社員への叱責がそれにあたる。特定の社員、またはある部署のメ…

明日の仕事は明日すれば良い

今日の退社は21時45分だった。大変に疲れた。 しかし、社内にはまだ10人以上の社員が残っていた。毎日23時頃退社が普通の人間たちだ。どうせ残業代も出ないのによくそんなに残っていられるなと思うのだが、単純に仕事量が多すぎるのだろう。 かくいう私も、…

電気を勉強する気になってきた

配属から実に1年2ヶ月経ち、ようやくだ。 私はソフトウェア志望で入社したのに、今は何故かハードウェアの部署に居る。いや、「何故か」ではなく、(私の意に反した)理由はあるのだが。そして、以前にも書いたように、私はこの「電気」という分野に微塵も興…

退職を躊躇わせるもの

一番の要因は、やはり金だ。 今の会社に対しては、とっくに愛想もコソも尽き果てている。出来ることならさっさと辞めてしまいたいと思う一方で、そうすることにためらいも感じている。このためらいの原因は何だろう。 退職したところで何のスキルも身に付い…

騙される就活生

そして騙し続ける会社側。 12月から就職活動シーズンがスタートし、合同説明会だの会社訪問だのを行っている学生さんは数多く居ることと思う。そんな人たちへ。 あなたは(多分)会社に騙されている。 「我が社はこんな会社です」「こんなことをしています」…

満員電車はやっぱり異常な光景だった

東京では、会社員にだけは絶対ならない。 今朝は出勤場所が異なる日だったので、電車を使って目的地まで向かうことにした。 午前8時ごろ発車する電車に乗ろうとしていたのだが、大雪の影響もあってか列車が遅れ、駅は大混雑。発車時刻ぎりぎりに、社内に入る…

ホワイトでブラックなマンデー

ただいま。 週の頭からバテました。 6時半起床。 7時半乗せてもらうはずだった先輩社員から「道路混みすぎ」との連絡を受け、歩いて出社することに。 8時半会社に到着、そのまま雪かき。 正午雪かき終了、昼食。 13時ミーティング、掃除の後、通常業務。 20…

裁量労働制でも出社時間定められるの?

裁量とは… <裁量> その人の考えによって判断し、処理すること。 裁量労働制とは… <裁量労働制> 業務の性質上、業務遂行の手段や時間配分の決定を労働者の裁量に委ねる必要があり、使用者が具体的な指示をしない労働形態。当人との間で結んだ労働協約に基…

私の性格は仕事にどう影響しているのか

前回「コミュニケーションは何故こんなにも辛いのか」で、私のコミュ障っぷりをつらつらと書いたのだが、今回もそのことに関連する話を書こうと思う。 私は自分のことを、「警戒心強すぎ」「協調性無すぎ」と思っている。 1つ目の「警戒心」について。「心配…

コミュニケーションは何故こんなにも辛いのか

特に、顔を合わせての会話は。 某診断によると、私は重度のコミュ障であった。どの診断かは忘れてしまったが。ともかく、その結果を見てからは、日ごろの態度も加味して「コミュ障」であると自覚している。 他人の視線が怖かったり、上司に話しかけるのに3分…

徹夜?良いから早く寝ろよ

まして徹夜を自慢するなんて、ちゃんちゃら可笑しい。 24年間生きてきたが、私はこれまでの人生で一度も「徹夜」をしたことがない。むしろ出来ないし、これからもするつもりはない。徹夜を出来る人のほうが凄いと思うが、その人の体も心配になる。 私は平日…