そして雨になる

ネット上でだけよく吠える、コミュ障のブログ。

ウソも方便

面倒な人とは極力喋りたくもないし、近づきたくもないが、それでもどうしようもない場面がある。 つい最近そんな場面に遭遇した。その時の話の内容は、仕事には全く関係のない「雑談」だった。その話題は私も知っているジャンルのものだったが、私はわざと「…

楽なままで生きたい

「俺が君くらいの頃は…」で始まる話を聞いた。まあ要するに私は仕事のやり方がまだまだ甘っちょろいらしい。 「苦しい体験をしてこそ楽しさが増すんだから、これから大変だろうけど頑張っていこう」そんな風に言われた。 心の中で全スルーした。 その「苦し…

おみくじで「凶」を引いてみたい

ふと思い出したこと。 実家に帰ってから近所の神社に初詣に行った。お参りをして、お守りを買って、おみくじを引いて…といういつもの流れを一通り済ませてきた。 お参りでは特にお願いをこめる事も無く、とりあえず10円投げて鐘鳴らして二礼二拍一礼して済ま…

「私はこれで成功した」は完全スルーしようと思う

今年の目標は「埼玉に転職する」に決まった。 さて、今日が仕事始めだった。年始の挨拶の中で、社員の一人が、いわゆる「私はこれで成功した」の類の話をする場があった。 今まではこうだった、けどこうやってみた、そうしたらこう変われた、そんな話だ。 資…

Yahoo!ニュースから自信過剰とか帰納法とかを想う

Yahooニュースを眺めていたら、この記事が目に留まってしまった。外野から何かを言うのはとても簡単だし、そのページに書いてあることからしか判断が出来ないが。 headlines.yahoo.co.jp 横断歩道を歩いていた歩行者を5人もはね飛ばしたというのだから、とて…

「当たり前」とは何なのか

・「当たり前だろ!」 ・「常識だ、ジョウシキ」 ・「そんなことも知らないのか?」 部下に対して、このような言い方でおさめようとする上司がいる。しかも口調が強いので、そう言われてしまっては、部下としては「はぁ…」といった不満の漏れる返答くらいし…

Sorry, I can't speak, read, and write English ...

英語で書かれた電気の教材を読んでいる。 と言ったものの、残念なことに、私は電気のこともよく分かっていないばかりか、英語をスンナリと読むことも出来ない。なので、辞書を引いたり、ノートに書いたりして、何とかかんとか読み進めている。そのお陰で、読…

日記160506

自宅に居て勉強出来るのであれば何ら問題ないのだが、私にはそれができない。どうしても集中が途切れてしまう。自宅にはテレビやPCやゲーム機といった誘惑が多く、すぐに遊びに走ってしまうからだと思う。 一方で、職場では本を読む気にもなれる。その日やる…

日記160427

Twitterを見ずに過ごしているが、それで困ることが全くない。SNSと少し距離を置けそうな気がしている。 あれほど嫌がっていた電気の勉強も自主的に行うようになった。たまたまかもしれないが、やはり1ヶ月前の部長の退社が何かしらの影響を与えたようだ。あ…

日記160425

・ツイッターを離れて3日目だが、未だにリプライ来てるかなーどうかなーなどと思いながら開いて通知がないのを確認して閉じる…を繰り返している。要するに離れられていない。まあ、急に離れようとすると逆効果だとも言うけど。 ・珍しく21時10分に帰宅してか…

部下は「どんな上司と働くか」が要だと思いました

昨日22時までかけて作ったモノを、今日になってあっさり「やっぱりいらない」と判断された。おかげで昨日した4時間の残業が全て無駄になった。どうにも納得がいかない。リーダーさん、あなたがこちらに指示を出したのは、必要だったから、ではなかったのか。…

お盆と言えど出勤日数はいつも通り

8月はいわゆる「お盆休み」がある。私は4連休であり、いつものように実家に帰ろうと計画している。年に2回しか会わない祖父とはここで顔を合わせることになる。 さて、この「お盆休み」について、会社で上層部の人々は揃って 今月と来月(9月にも4連休がある…

やっぱ裁量労働制に遅刻なんて要らない

多分、前にも書いた話。 自分の裁量で仕事して良いというのなら、そもそも遅刻という概念が存在すること自体がおかしいと思う。 1日8時間は居ろって事なら(そもそもそれも変なのだが)、1時間遅れて出社した人は、ただ単に他の人の定時より1時間遅れて定時…

有休を思うと頑張れる

私にとってはニュースだが、今週、実に約5ヶ月ぶりに有休を使う。もちろん、今年度では初めての有休となる。 去年の秋ごろから抱えていた案件がようやく片付いて、日程的にも精神的にも余裕が生まれたので、気分で取得した。取得理由の欄に「私用」とは書い…

指示・命令で感情は変えられない

上司から、私の後輩に指示があった。内容は、 近々研修があるから参加してください。 あとで報告書忘れないでね くらいのものだった。しかし、その後に「ああ、あと…」と付け加えられた言葉がとんでもなかった。上司はなんと 「会社が『受けろ』って言ったか…

メンタルが不安定すぎる

今週は始まってまだ3日目だが、退社時間が両極端すぎる。というのも、 月曜日:24時 火曜日:18時10分 水曜日(今日):18時30分 という具合に、みっちり残業or定時でさっさと、になっている。月曜日は翌日の立会いに間に合わせるために、グループ全員で日付…

どうせ見られない報告書なんて書く気しない

先週、ある研修に参加した。 だが、後に出せと言われた報告書を、今のところすっぽかしている。何故なら、提出する相手には殆ど目を通してもらえないからである。提出期日までに出しても、戻ってくるのが3,4週間後なんてことがザラにある。 まあ、研修の報告…

人間にもモードってあるのかなって

私には、①平日と②休日と③実家、この3つのモードがあるな、と思った。 睡眠①平日 0~1時に就寝し、7時~7時20分に起きる。サビ残が過ぎた日は2時就寝なんて事もある。1時を過ぎての就寝は翌朝に響いてつらい。②休日 いつ寝ても5時前には起きる。1時に寝ても4時…

働く者も働かざる者も食うべし

午後、眠くなり仕事に飽きてきた頃に、ふと思いついて「働かざるもの食うべからず」という言葉についてググってみた。まさか、検索結果の1番目にWikipediaの記事が出てくるとは思わなかった。 働かざる者食うべからず - Wikipedia 読んでみたところ、こんな…

勤務先をわざわざ訊かんでも

クレジットカードの審査だったりローンを組んだり、そういうものに必ずついて回ると思われるものが、勤務先の情報の入力だ。 正直、その情報は必要なんだろうかと疑問に思っている。収入がない人に借金とかデカい買い物なんてさせられない、ということなんだ…

残業に慣れたら「成長」でなく「麻痺」

本日19時30分。定時を90分過ぎた頃、私の2つ下の入社2年目の後輩が、線材系のゴミを広げて何かしていた。 「あれ、何してるの?」 「はぁ、こいつらの分別です」 驚いた。自分が出したゴミじゃないのにその分別とは。しかも定時後なのに。これはかなりサービ…

正社員がこんなにクソだとは思っていなかった

少なくとも会社には、そういう第一印象を与えてしまった責任があると思います。

日記(5/25)

先輩が辞めていったおかげで私ら下っ端にも仕事がどんどん振られるようになってきている。 私は今、4つくらいの物件を1度に抱えている。 小規模であり作業は全て外注のものから、開発や製作が全て社内という大規模なものまで、様々である。 だが、文章に落と…

先輩たちが辞めていく

今週、また先輩が1人辞めて行った。目標に出来る人が、皆消えた。 私より先に新卒で入社した人たちは、今はもうほとんど残っていない。おかげで同じグループの中では、私が一番所属が長いということになってしまった。まだ4年目に入ったばかりだというのに。…

ローン「35年」って異常…じゃないの?

住宅のローンなんかでよく聴くのが、「35年ローン」というものだ。なんでこんな長すぎるローンが、さも当然のように皆に受け入れられてしまうのか。 私は、35年のローンなんて、恐ろしくて考えることが出来ない。今から35年経ったらちょうど60歳、とっくに定…

やっぱりスマホは"まだ"要らない

スマートフォンに実際に触れてみて、「やっぱまだ要らないわ」と思えた。 今回は、つい1ヶ月半前に書いた内容と似ていること。 まだスマホは要らないかなって - そして雨になるmizuame93.hatenablog.com このゴールデンウィークを利用して、実家へ帰省した。…

やる気を出す場所が違う

大学の頃から考えていたことがあったのを思い出した。 「拘束された場で、本来の目的と違うことをする」ことに対しては、(困ったことに)私はかなりやる気を出せる。 例えば、高校や大学の頃であれば、趣味で曲作りをしていたのもあり、授業中や講義中(拘束…

極上の反面教師が居た

叱るのが大好きな人が居る。 机の前に社員を立たせて、10分20分は当たり前、時には1時間を超す説教(なのか愚痴なのか)を、これでもかと頻繁にやっている。 その様子は声がでかいのでよく聞こえる。心臓らへんが疼くほどイヤな光景だが、ちょっと聞いてみる…

税や保険を知らな過ぎかなって

当たり前のように就職して働いているけど、いつ何時、どういう理由で突然無職になるやら全く分からない。 ある日突然無職になっても慌てないための準備として、 事前に副業を持っておく というのは、前回書いた。 むしろ、副業すべきなのでは - そして雨にな…

むしろ、副業すべきなのでは

どうしてか、副業に対しては「うーん…」と、あまり良い顔をしない人が多い、そんな気がしている。でもこれは、変な考えだと思う。 極端な話だが、会社なんていつ潰れるか分からない。こちらは別に経営者などではなく、ただ一時的にその会社の労働者であるわ…