読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして雨になる

ネット上でだけよく吠える、コミュ障のブログ。

始めてみた

よんだ。

ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である

ネットで成功しているのは〈やめない人たち〉である

 

 「続けていたらいつの間にかこうなった」人の話なんかが載っている。(気がする。読解力はあまりない)とりあえず、この本が言う「成功」している人たちは、みんな自由気ままにやっていて、本人たちはとても楽しそうだなという印象を受けた。目立とうとか儲けようとかいった考えは無しにして、自分の好きなことを自分のやりたいように続けていく姿勢、俺も見習いたいものだ。

 で、本のタイトルにもある「やめない」という言葉、もうほんと耳が痛い。俺はこのブログを始める以前に、別のところでブログを開いたことがある(実に3箇所ほど)けど、どれも続かなかった。そのパターンはいつも同じで、①開設してすぐは熱が入っている所為か2週間くらいはほぼ毎日1回くらい書く。②2週間を過ぎるとだんだんサボり始め、週3回程度になる。③ますます書かなくなり、1ヶ月に1回程度になる。…そんな感じで自然消滅する。いつもこんな調子で進歩がなかった。

 しかし、開設を何度か行うということは、その回数分「やるぞ」と思ったわけでもあるわけで。…いや、だからってさすがに「ブログの開設を続ける」ってのはちゃんちゃらおかしな話だな。

 んで、今日また恐らく4度目の開設を行ったわけだが、今回は今までとはちょっと気持ちの持ち方が違うと思っている。なぜなら「やるぞ」じゃなくて「やってみるか」という軽い思いで開設したから。今はもう「毎日書く」という気力はない。そんな思いで始めてもすぐ挫折することは知っている。週に1回でも、考えたことやら気になることやらをゆるく書いていければそれで良いかな?と思っている。だからブログのタイトルを、あのようにした。

 わたし、がんばりま・・・せん。人生もっと適当に過ごそう。