読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして雨になる

ネット上でだけよく吠える、コミュ障のブログ。

人生初の日曜日出勤を終えて思ったこと

 休日を無駄にした。

 

 

 昨日言ったとおり、俺は今日、初めての日曜日出勤となった。日曜日を「働いてはならない日」だと思っている俺にとって、これはかなりの苦痛であった。

 

 まず朝、本来なら休日であるせいで、いつもの休日のように6時ごろに自然に起床してしまった。この時から行きたくない気持ちがいつもより強かった。目覚ましが鳴るまで布団を出ることはしなかった。

 

 頑張って布団を出て、朝飯を食べて会社へ。出勤してくると、今日は平日(月曜日)なんじゃないかという気持ちが強まり、日曜日であることを忘れそうになった。だがそこは「今日は日曜だ」と自分に強く言い聞かせた。今日はこれを、何回も繰り返した。出勤日となってはいたが、勝手に「今日は休日出勤だ」と思い、その気持ちを曲げなかった。

 

 帰宅して着替えを行っていると、また「平日なんじゃないか」という気持ちになった。仕方なく、「今日が日曜日である」ことを確信するためだけに、TVをつけて「サザエさん」を流していた。今日は日曜日だ、とようやく考えが固まった。同時に、「たいへん無駄な日曜日を過ごしてしまった」とも思った。普段なら、朝はご飯をゆっくり食べ、掃除、洗濯、買い物、それが終われば好きなように読書、DTM、プログラミング学習を行っている日だ。せっかくの休日にこういう過ごし方を出来なかった事が、俺にとって非常にショックだった。

 

 実際に経験してみて分かったが、カレンダーで赤い日に仕事なんて絶対にしたくない。そこを出勤日と定められていようが関係なく、本当にしたくない。いっそ、日曜日は休まなければならない曜日であると定められても良い。むしろそうしてください。