読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして雨になる

ネット上でだけよく吠える、コミュ障のブログ。

コミュ障?発達障害?

 こんな動画を見つけてしまった。

 


すぐわかる発達障害の特性-発達障害「あるある」2012 - YouTube

 

 自分が発達障害だなんて思っちゃいないのだが、私にはあまりにも当てはまりすぎている。いくつ当てはまるかと数えてみたのだが、自己診断の結果、動画に出てくる55個の「あるある」のうち、実に43個に当てはまってしまった。このうちの何個かに対して、自分について書いてみる。

 

  1. 何気ない雑談が出来ない
     相手「すげぇ寒いね」→私「そうですねぇ」から先に進めない。黙り込んでしまう。
     トイレとかで遭遇するとチラッと話している人とか居るけど、そういうのは私には出来ない。(というか隣に立たれると用を足せない。)

  2. 相手の話を理解できない
     専門的なことに限らず、相手の言ったことは1度ではさっぱり理解できない。言われること言われることがどんどんスルーしていき、「自分の頭の中の言葉で置き換える」といったことが出来ない。おかげでメモもろくに取れなかったりする。
     かと言って2度説明させるのも悪いと思って「わかったつもり」になる。そして、決まって後悔する。

  3. 何を言いたいのか自分でも分からなくなる
     話に筋が通っておらず、あちらへこちらへと逸れた結果、主題が何なのかを忘れてしまい、「いや、そうじゃなくて…」などと相手に思わせてしまうこと多々。上司への報告の場で顕著である。どもったりしどろもどろしているので余計に悪い。

  4. 同時に1つの作業にしか取り組めない
     物件を2つ以上抱えているのが現状だが、あっちもやってこっちもやって…というのは出来ない。どっちつかずで中途半端になる。

  5. 集中力がない
     仕事においてはすぐ飽きる。この頃は30分続けばいい方か。

  6. 会話のキャッチボールが全くと言っていいほど出来ない
     先ほどの3.にも通じる。質問に対してまったく場違いな回答をしてしまうこともよくある。いわゆるドッジボール

  7. 流行に無関心、ファッションに無頓着
     私はいまだにスマホじゃない。今のところ興味も無い。
     TVなどで何が流行っているのか分からない。服は楽かどうかでも選ぶ。

  8. 飲み会が苦手
     わざわざ年上に気を遣いながらうるさいところで飲まなくても疲れるだけだ、という考え。可能な限り飲みには行きたくない。食べるだけならまあ良し。

  9. 利益にならないものばかりに夢中になる
     ニコ動や艦これが良い例か。頭を使わない遊びに気をとられすぎている。

  10. 自分から話しかけることが出来ない
     重症。報告や相談をしに行けない。「行って何をどう言おうか」というストーリー立てに相当に時間を要するが、「何を言われるのか」という余計な心配をしてしまい、なかなか話しかけに行くことができない。行けても、その前に数十分は「何を言おうか」と考え込んでいる。

  11. 一人で出来る仕事を捜し求めている
     正確には探してはいないが、「人付き合いの少ない仕事」があればしてみたいな、という考えになっている。

  12. 作業中に妨害が入ると、それまでしていたことを忘れる
     最近は割り込みに対してすっ飛んで行かず、区切りを付けてから行くようにしてはいるが、それでも「あれ、何やってたっけ」となること多数。作業に対するフローチャートが確立されていない。

 もっとあるが、長すぎるので省略。発達障害などとは考えてもいないのだが、当てはまりがここまで多いと、さすがに不安になってくる。

 

 まあ、確実にコミュ障だろうとは思うが…。