読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして雨になる

ネット上でだけよく吠える、コミュ障のブログ。

極上の反面教師が居た

 叱るのが大好きな人が居る。

 

 机の前に社員を立たせて、10分20分は当たり前、時には1時間を超す説教(なのか愚痴なのか)を、これでもかと頻繁にやっている。

 

 その様子は声がでかいのでよく聞こえる。心臓らへんが疼くほどイヤな光景だが、ちょっと聞いてみると、どうも「愚痴」と「オレの苦労話」と「全否定」とにまみれているような気がした。たとえば

 

社員に何かを聞く→答える→「いや違うんだよああでこうで(自論)」

 

 要するに、相手の話を聞き入れていない。とりあえず否定から入る。話し手の意見を頭ごなしに潰している。感情的であり、何一つ建設的でない。そして、自分の話ばかりしている。「俺はいつもこうやってる」「こうすりゃいいんだカンタンだろ」そんな言い方で、まるで自慢でもしているかのような聞こえ方。

 

 更に面白いのは、それが終わった後「あー仕事すすまねえ」と言っているところ。だったら説教の時間を短く出来ないのか。その時間が一番無駄だと思うのですけれど。そしてこちらも気が散って進まないです。

 

 上司なら、部下の話を

①まず最後まで聞いて

②言っていることを理解して

③適切な助言や指示を行う

べきなんじゃないかと思う。この辺は7つの習慣で学んでしまったから、知識として持っている。(以前は7つの習慣を嫌う記事を書いた気がするが、学ぶことを強制されるとイヤになるんだと思った)

 

 ①の「まず理解する」この姿勢を、果たしてあの人は持っているのか。大いに疑問だ。7つの習慣をやれと指示した張本人なのだが、本人がそれを全く実行していないとは…どういうことだ。

 

 まあ、こんな上司とは一緒に仕事したくないし、自分もああいう風には絶対になりたくないという、ある意味では良い例なのでした。