読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして雨になる

ネット上でだけよく吠える、コミュ障のブログ。

やる気を出す場所が違う

 大学の頃から考えていたことがあったのを思い出した。

 

 「拘束された場で、本来の目的と違うことをする」ことに対しては、(困ったことに)私はかなりやる気を出せる。

 

 例えば、高校や大学の頃であれば、趣味で曲作りをしていたのもあり、授業中や講義中(拘束の場)に旋律やコード進行を考えてみたり(目的と違うこと)していた。しかし、本来暇のあるはずの自宅では、講義中に比べてあまりしなかった記憶がある。

 

 会社に入ってからも同じようなことになっている。皮肉にも、勤務時間中(拘束の場)にする勉強(目的と違うこと)は、1日のうち最も集中出来、かつやる気の出る勉強時間になる。その勉強は電気回路(オペアンプやフィルタのこと等)がテーマなので、完全に目的と関係ないこと…という訳ではないが、何故か家でするよりずっと効率が良い。何故なのか。同じような考えを持つ人はいるだろうか。素朴な疑問だ。

 

 そしてそのお陰か、困ったことに家ではほとんど勉強しなくなってしまった。最も時間を取れる場所では全くやる気になれない。おやつ食べたり動画を観たりゲームをしたりと、まあ欲求が向くままに行動している気がする。とても勿体無い。

 

 今の私は、やるべき時にやらず、やらなくて良いときにやる気を出す。そんなんで良いのか。