読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして雨になる

ネット上でだけよく吠える、コミュ障のブログ。

月に1度は有給休暇

 今の会社は、年がら年中忙しいと言えるような状態にある。そのためか、「体調不良」以外の理由で有休を取得する上司がほとんど居ない。「私用で休みます」と聞いたこともないような人もいる。有休の日数が余りに余って仕方ないのではなかろうか。

 

 私は、月に1回くらいのペースで有休を取っている。もちろん「体調不良」が理由ではない。出勤日にずっと出続けるというのも疲れてしまうからだ。

 

 そもそも「平日だから仕事に行く」というのも、何だか窮屈な話だ。「平日は仕事に行くもの」という前提がまず気に食わない。休みたければ休む、それが可能な方が望ましい。かと言って休みを取る理由が「体調不良」では寝込んでしまい、せっかくの有休を有意義に消化することも出来ない。理由など関係なく、休みたいときに好きなように使えるのが有休の姿であるべきだ。

 

 また、有休の間は仕事のことはほとんど忘れていたい。そうでないと心が休まらないし、仕事のことなんて考えていたらせっかくの1日が無駄になる。旅行、映画、ショッピング、帰省、惰眠を貪る…その日の過ごし方は仕事以外のどんなものでも構わないはずだ。その為に取った休暇なのだから。

 

 そして、有休はすべて消化しないと損だ。理由は知らないが、いずれ消えてしまうのだから。かと言ってドンドン使うと、急な体調不良の時に欠勤扱いにされてしまう(シックリープでもあれば別だが…)ので、5日くらいは取っておくことにしている。

 

 会社で「皆勤賞」なんて取る必要はない。取ったところで特に良いことはないのだから。もっと力を抜いて仕事しないと、自分が持たない。たまには理由がなくても平日に休もう。