そして雨になる

ネット上でだけよく吠える、コミュ障のブログ。

ちょうど500文字で書けた

 18年3月末に退職して、未だに無職だ。期間にして4ヵ月半を過ぎた。履歴書に嫌でも顔を出す、空白の期間がそろそろ気になるところではある。まあ、人生で4,50年も「生産年齢人口」に所属するのに、その中のたった数ヶ月のブランクを気にしなくてはいけない事それ自体がとても残念だけど。

 

 さて私の現状だが、今でもまったく何もしていないというわけではない。少しずつ情報を拾ったり、転職サイトを眺めてみたり…くらいはしている。正直、自分が何をやりたいのかなんて、仕事上では何も無いのだけど。私のやりたいことなんて、労せず生きたいとか、休みたいときに休みたいとか、加茂水族館に行きたいとか、家庭を持ちたいとか、クラゲ飼いたいとか、労働じゃない事だらけだし。

 そういうわけなので、正社員の道だけに絞らずに、もう少し緩めに働くことも考え出した。これは忘れていたことだけど、正規雇用非正規雇用も、それぞれに長所と短所が存在する。求職者側はそれらをよく吟味して、自分に合った働き方を選べる。せっかくそんなチャンスがあるのだから、必要以上に世間体を気にして選択肢を狭めるというのは、なんだかとても勿体無いことのような気がしている。

あるニートの雑記(5/16)

 無職の状態になって、早いものでもう1ヵ月半が過ぎた。

 

 現状について。いずれ転職しなければならないのは勿論なのだが、今のこの自由な状態はとても気分が良い。無職期間が出来るのを気にして、転職先を決めてから退職するというのも頷けるが、「職」から解放されている期間が少しくらいあっても良いと思う。どうせ、数十年労働する人が多いのだし。

 

 前職の事について。時たま思い出すが、やはり後悔の念がまったく無い。心底、辞めてよかったと思っている。今頃クソ長い朝礼やってんだろうなあとか、またアイツキレてんじゃないかなあといった、今となってはどうでも良いことも、想像しはするが1分で忘れる。関わり合いが無くなって本当に幸福である。

 

 お金の事について。当然のごとく収入はゼロになってしまった訳で、今は5年かけて貯めた貯金を切り崩して生活している。だが、大きな心配はしていない。心理的に余裕を持てる程度の貯金はある。向こう1年くらいは何もせずとも生きていけるだろうが、そこまで無職生活を続けるつもりは…さすがに無い。

 

 身体について。前職在籍中に逆流性食道炎を患い、更に右足の調子を悪くし、今なお完治していない。通院は今でも続いているが、この余裕のある期間のうちに少しでも治しておくのが良いだろう。面接の際、「空白の○ヶ月」の説明にもなるだろうし。

 

 職を失ったりもしたけれど、私は元気です。

 職があった頃より、私は元気です。

無職も悪くない

 私は、この4月から無職である。

 新卒から勤めて数年経った会社を、めでたく(と自身では思っている)3月で退職した。

 もう辞めてやるだなんだと1月末から騒いでいたが、それがようやく現実になった。退職前の引継ぎが簡単にいかないのではないかと心配していたのだが、意外にもうまく進んで、ゴタゴタが発生するというような事態にはならずに済んだ。

 

 さて、転職はこれから行なっていくわけだが、せっかくなのでその前に、この暫しの「無職期間」を楽しむことにした。無職の状態で平日を2日過ごしてみただけでも分かることが、下記のように結構ある。

  1. 時間が有り余る
     今まで会社に提供していた労働力だか労働時間が、そのまま自分のものになっている。つまり、曜日の条件無しに、1日24時間が全て自分の為に使える。大きすぎる自由を手に入れた気分である。と言っても、これに慣れてしまうとその後が怖い。

  2. 様々な事に興味が湧く
     上でも書いたように、とにかく時間がある。なので、今まで気にはなっていたが出来ていなかった事に、不思議と意欲が出るようになった気がする。
     例えば、私は会社員時代は全くと言って言い程料理をしていなかった(米を炊くくらいだった)。しかし退職してから、初心者向け?の料理本を買って、食材を買って簡単なものから作っている。不慣れで不器用で手際も悪く、いくつも失敗するものの、意外にも結構出来るもんだなと思っている。完全な素人向けの本に、幸運にも出会えたので、最後の方で紹介したい。
     また、これもやはり会社員時代に全くしていなかった運動も、今では(軽くだが)している。早朝に30分くらいのウォーキングと、スクワットなどの筋トレをしているが、これがなかなか気持ちが良い。しっかりと目が覚める。職が無いと家にこもりがちだから、ウォーキングなどは日光を浴びるのにもちょうど良い。今後は、久しくやっていないジャグリングも混ぜてトレーニングを出来れば…などと思っている。

  3. 出費に敏感になる
     無職である以上、収入は当然のように断たれる。別の稼ぎ口があったなら話は別なのだが、そんなものは残念ながら無い。月収ゼロ円の状態なので、これまでの貯金を切り崩して生活していかねばならない。今まで会社に任せていた年金や保険料も自分で収めねばならないので、今まで以上に目に見える形でお金が減っていく。半年くらいは生きていける程度に貯金があるとはいえ、あまり無駄にはしたくないので、日々の支出には常に気を配っている。だが、午後3時ともなれば間食をしたくなり、ついコンビニに寄ってしまう。せっかく料理に気が向いたことだし、もっと慣れた頃にお菓子作りでもしてみるか…。

  4. 生身の人間との交流が減った
     これは強く自覚している。もともと人付き合いがあまり得意ではないのもあり、自分から積極的に交流しようとするほうではないのも手伝って、他の誰かと言葉を交わす機会は激減した。今のところそれで困っていることはないが、言葉の発し方を忘れてしまわないうちに転職活動だ。

  5. 精神的に楽
     これが一番強いかもしれない。私は今、(金銭以外は)縛られるものが無い。出社時間と退社時間を定められた会社員でもないし、学生でもない。文字通りの無職である。そんなこと言うと聞こえは悪いのかもしれないが、私は今とても楽な気分である。6年間鎖に縛り付けられていたが、それを開放し、やっと人間らしさを取り戻した、そんな気分だ(大げさな表現だとは思っていない)。

 

 以上、良い面も悪い面もあるが、身体にも精神にも良い休養期間になっていることは確かだ。しばらくはこのまま過ごさせてもらおう。

 

 しかし…会社員時代にも、このくらいの余裕を持って活動していたかった。