読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして雨になる

ネット上でだけよく吠える、コミュ障のブログ。

シューカツナビに載ってしまって「ごめんなさい」

 マイナビ、リクナビなどの就職活動ナビには、会社が自社のアピールポイントなんかを盛り込んだページが多数ある。その中には「先輩にインタビュー」みたいなコーナーがある会社もあって、入社何年目の何々さんが「こんな仕事してます」「こんな職場です」みたいな紹介を行っていたりする。俺も、大学3年の頃によく使っていた。

 

 で、この度、俺も会社紹介のページに載ることになった(ようだ)。まあ嫌々ながらも引き受けはしたのだが、「やってしまったなあ」と後悔した。何故なら、俺もいわゆる「就活生」の方々を騙す側に回ってしまった、と思えてしょうがなかったからだ。

 

 シューカツ生時代からの少ない経験から言うと、会社紹介のページと実際の職場の雰囲気は全く違うものだ。ネットの情報では、それこそ社員たちは良い笑顔を振り撒いていて、見る側としては楽しそうなイメージを持つし、仕事内容をいかにも面白そうに紹介する文章があったりして、多かれ少なかれ学生をワクワクされる要素が載っている。だが実際にオフィスに入ると、みんなピリピリしていたり、する必要性も感じないような面倒な業務を任されたり、好きでもない上司に媚び諂ったりペコペコしたりしなくてはならなかったりと、まあ会社紹介の情報とのギャップが激しいことは必ずある。

 もちろん企業側としては、そんな情報を載せたら学生が寄って来ないのは目に見えているから、自社の良いところと思われることだけをピックアップして情報を掲載する。例えば

・初任給○○万円

 →残業代コミかも知れないしそもそも残業代が無いかも知れないし

・若手が活躍しています!

 →中堅、ベテランがすぐ辞めてしまうだけかもしれないし

・{実力が付くorやりがいのあるor成長できる}仕事です!

 →「実力」「やりがい」「成長」がそもそも何のことを言っているんだか分からないし

という具合だ。

 

 話が逸れてしまった。そうやって学生の皆さんを、悪く言えば「騙す」ページの中に俺も写真で載ってしまうというのはつまるところ、俺も学生騙しに加担してしまった、そんな気分に苛まれて仕方ないのだ。

 

 こんな風に考えてしまったので、今は学生の皆さんには申し訳なく思っている。今更人事に「消してくれ」とは言えないので、せめて注意書きをしておこうと思う。

ナビに書いてあることに期待しすぎない方が良い

 現実を知らぬままに夢を膨らませすぎると、後になって苦労するかもしれない。ナビだけで済ませず、外に出て実際に企業を訪問してみる等の行動を取ることを強くおすすめする。

 で、これは、許されるかどうかは別にして言うが、「アポなしで訪問する」というのをやってみると良いんじゃないかと思う。理由は、アポを取ると、企業側はその日までにそれなりに準備をしてくる為だ。普段散らかっているものを片付けたりとか、ゴミを取り払ったりとか、ある程度話のネタを用意しておくとか、そういった対策を恐らく取ってくる。イメージを壊させないように、本当は存在する問題を隠して学生の対応を行うはずだ。だから、アポなしで訪問する。まあ実際にやると、会社の規模には因らず断られることになるだろう。しかし、もし快く接してくれる会社があれば、(良くも悪くも)その会社については本来の姿を見られることになるのでミスマッチを減らせる。断ったりして隠し事をするような会社は、まあそういう所なんだと思ってしまえば良いことだ。

 

 偉そうな事を言っているが、結局俺も、「騙す」側の人間になってしまった。

 せめてこの場で。ごめんなさい。