読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして雨になる

ネット上でだけよく吠える、コミュ障のブログ。

むしろ、副業すべきなのでは

 どうしてか、副業に対しては「うーん…」と、あまり良い顔をしない人が多い、そんな気がしている。でもこれは、変な考えだと思う。

 

 極端な話だが、会社なんていつ潰れるか分からない。こちらは別に経営者などではなく、ただ一時的にその会社の労働者であるわけで、仮に今の会社が潰れても、次の生きていくための選択肢がある。その選択肢の1つとして、「副業」を持っておくのも、別におかしくも何とも無いじゃないか。

 

 「会社にいる間は本業に専念しろ」という理由で副業を禁止するのは、その人の将来の生き方までを縛り付けているように感じてしまう。ハッキリいって不愉快で、そんなところにまで会社が首を突っ込まないで頂きたいもんだ、と私は考える。

 

 会社からの給料だけに頼っているのは実は危険なことで、倒産でもしてそれが断たれたら、収入が何もなくなってしまう。だから、予防線を張っておく。これの何が悪いというのか。