読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして雨になる

ネット上でだけよく吠える、コミュ障のブログ。

ただの愚痴

 仕事は、決して人生の中心ではない。仕事のスタイルにもよるが、多くの人は大体9時から休憩1時間を含めて午後5,6時までが勤務時間のはずだ。それを終えたら、定時で退社し、残った時間で自分のやりたいことを楽しむ。私が望むスタイルはこういうものだ。

 

 だが現実は、これとあまりにかけ離れすぎている。定時20分前出社を強制される(新入社員に至っては90分前出社)、無駄に長い(30分)朝礼、常にうるさい社長、はびこる精神論、その場での思いつき采配、仕事は雑務と割り込みだらけ、クレーム多発、意味の無い会議や委員会、終業時間=定時後休憩スタート時間、残業代なし(しかも社長自らそれを正当化)、多くの社員は21~23時退社、休日も仕事、もちろん手当てなし、代休取れない、有休取れない。

 

 入社当時は会社や仕事への熱意もあったのだが、今ではすっかりなくなってしまった。人間の労働力を月額定額で使い放題使っている経営者に、恩義もクソもない。売り上げが上がらなくて会社の業績が悪くなっても、正直どうでもいい。私には関係ない。クズの発想である。

 

 だが私はクズだと自覚している。今日は関わった物件でクレームが発生した。その時思ったのは「まずいことをしたな」ではなく「このままこの物件終わらねえかな」であった。この発想がクズのものでないなら何だと言うのか。

 

 今日の退社は23時5分。馬鹿馬鹿しい。もう寝る。