読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

そして雨になる

ネット上でだけよく吠える、コミュ障のブログ。

愚痴は嘘を付かない

 不満を募らせる「事実」が存在したからだ。

 

 誰かと会って話すときも、TwitterなどのSNS上でも、仕事に対する愚痴はどこでもよく聞かれるし、俺自身もよく話すようになってしまった。こんな人は、おそらく一部(多く?)の人からは「鬱陶しい」「グズ」というイメージを持たれてしまうのだろうが、それはもう事実なので、反論できない。話の中身は全てネガティブであり、「言うだけ」で行動が伴わない場合が多いからだ。

 

 しかし正当化するようだが、違う見方をすれば、「愚痴をこぼしたくなるような現実が今の環境には現に存在している」ということなのだ。

 

 Twitterやブログの上で吐かれる愚痴に嘘はない(と思っている)。「自分が得をするように」という嘘は良くあるが、ネガティブな嘘をつく人は少ないと思う。つまりそこに書かれた愚痴は、現実に(書いた人の中では)問題になっている。分担が曖昧、上司が怒鳴ってばかり、存在意義の分からないルール、おそらくはいずれも現実に経験したことだから、不満が募り、誰かにor何処かで話して発散させたいという気持ちが強くなる。その結果、(俺もだが)SNSで吠えたりしているのではないか。

 

 だが、こういう文章は読んでいて良い気分になる人はいないだろう。何と言っても内容がネガティブだからだ。単に愚痴で終わらせるのではなく、そこに「自分ならこうする」とか、自分の意見を盛り込んで話を広げていく方がまだマシかもしれない。共感者も現れるかもしれない。

 

 そして、言うまでもないが、この記事はとんでもなく大きなブーメランである。鳴き声だけはでかくてすみません。